2012年6月21日掲載「握りやすい爪切り」Nail+(ネイルプラス)

 年を取ると爪の伸びる速さが遅くなり、爪の厚みが増すといわれています。厚くなった爪を切る作業は、握力が弱まった高齢者にとっては大変です。
 今回紹介するのは、丸みを帯びたカバーの付いた爪切りで、高齢者でも握りやすくなっています。内部の爪切りは、てこの原理を応用して爪を上下から挟んで切るタイプです。
 全体の形はカスタネットに似ていて、握る部分の天と地が平らになっています。手のひらで握っても、指先で握っても、テーブルに置いても安定して使うことができます。また、手に接する面が広いので切った時の衝撃を弱めてくれます。
 切れ味の良い刃を使っているため、切る時の力が軽くて済み、切った爪の破片も飛び散りにくくなります。
 上部をふたのように開くと、下部にヤスリが現れます。なだらかなドーム形をしているので、どの角度からでも爪がきれいに削れます。
 カバーはほかの爪切りには取り付けられません。材質はカバー部分が合成樹脂、刃とヤスリはステンレス。
 サイズは刃先から奥までが7・4センチ、幅4・5センチ、高さ5・4センチ、刃渡り12ミリ。重さは70グラム。
 色は緑、オレンジ、ピンク、青、紫の5色。
(岡田しげひこ・理学療法士)
販売価格 1,998円(税込)
購入数

カラー


Top