2017年9月12日掲載「ペット型本物の犬の声」なでなでワンちゃん

 愛犬が旅立って3年、それから、ペットを飼うことができていません。
 でも最近、ペットの代役が登場しました。それは、お掃除ロボットです。自動で掃除中、敷居に乗り上げて動けないでいると、優しく声をかけて助けてあげます。そんな時、かわいく思えてくるんですね。
 さて今回は、いろいろな事情でペットを飼えない方に、なでると本物の犬の声で鳴き、呼ぶと応えるペット型コミュニケーションロボットを紹介します。
 犬のぬいぐるみの頭、背中、しっぽの3か所にセンサーがあり、優しく「なでる」時と、普通に「さわる」時で、その違いを感知し、「ウォン!」「クゥーン!」「ハフハフ」「キャン!」などと、いろいろに鳴き声を変えます。また、呼ぶと「ワン!」とお返事。
 犬種は、柴犬、トイプードル、ミニチュアダックスの3種類。大きさは子犬程度。音量は2段階に調節可能。
 電池は別売りで単4アルカリ乾電池2本。
 私のように掃除機がペットになりませんように…

(岡田しげひこ・理学療法士)

※電池カバーはネジ式で、細いドライバーが必要となります。
※電池寿命:連続8時間
定価 7,538円(税込)
販売価格 7,538円(税込)
購入数

犬種


Top