2018年2月27日掲載「長時間でも疲れにくい」骨伝導音声増幅器

 年を取って耳が聞こえにくくなると、日常の生活にさまざまな支障が起きてきます。
そうした場合、いろいろな機器を試して、少しでも聞こえるようになりたい−と思いますよね。
 今回は音声を振動に変えて、骨伝導の原理で聴覚器官に直接伝える「骨伝導音声増幅器」の紹介です。
イヤホンなどのように耳をふさがず、長時間の利用でも疲れにくいのが特徴です。操作は電源とボリュームの調整だけで簡単。マイクを片手で持って相手に向け、もう一方の手でスピーカーを軽く耳の周辺に当てると、相手の声が聞こえて会話もできます。
 付属の骨伝導ヘッドホンを使うと、両手を使わずに使えます。テレビなどに接続すれば、周りの人たちと一緒に音声を楽しむことができ、マイクを受話器に当てると電話の音声も聴きやすくなります。
 サイズは、マイク部分が幅4・9センチ、長さ10・5センチ、厚さ2・8センチ。スピーカー部分が直径4・5センチ、高さ3・7センチ。電源はリチウムイオン電池で、1回の充電で15時間の使用が可能。
 ただ、耳が聞こえづらいと感じたら、まずは医療機関を受診してください。なお、この製品は医療機器(補聴器)ではありません。また、骨伝導の効果には個人差があるため、すべての方に有効とは限りません。

(岡田しげひこ=理学療法士)
販売価格 26,784円(税込)
購入数


Top