2018年11月27日掲載「緊急時避難用車いす」緊急時避難用車いす JINMIKI

 今年の北海道は、台風による豪雨や胆振東部地震などに相次いで見舞われました。あらゆる自然災害は突然やってくること、日ごろの備えがいかに大切かを思い知らされました。
 今回は自治体や福祉施設などで防災用品として備蓄してほしい、緊急時避難用車いすを紹介します。車いすの後方に収容しているけん引用ポールを前方に取り付けてから、人力車のように持ち上げて前輪を浮かせ、引っ張って動かせる仕組みです。
 後輪はパンクしない極太のタイヤで、砂利道や泥道、雪道でも埋まりにくいです。車いす本体は分厚いアルミパイプ、座面と背もたれには燃えにくい厚手のシートを使っています。頑丈な造りになっている分、20・8キログラムと通常の車いすより重いです。サイズは座幅45センチ、前座高49センチ、タイヤの後輪22インチ、前輪8インチ。耐荷重は100キログラム。

(岡田しげひこ=理学療法士)

こちらは188,000円(非課税)の商品となります。システムの都合上、税込価格で表示されておりますので、ご了承ください。
定価 203,040円(税込)
販売価格 203,040円(税込)
購入数


Top