2019年2月19日掲載「開け閉め楽なキーカバー」おもいやりキーカバー

 高齢になると、握力や指先の力が弱くなって、玄関ドアなどの鍵の開け閉めがつらくなることがあります。鍵のつまみが小さいのも、原因ともいわれています。
 今回は鍵の開け閉めが楽になる、動物のデザインのキーカバーを紹介します。合成ゴム製のカバーの上部にある差し込み口から、鍵を押し込んで取り付けるだけ。つまみ部分が大きくなって滑りにくくなるので、鍵を回しやすくなります。
 幅5・5センチ、高さ5センチと大きいのでカバンの中から探しやすく、目立つため置き忘れを防いでくれるでしょう。表面は顔、裏面はしっぽとデザインが異なるので、鍵を鍵穴に差す時、向きをその都度確認しなくても済みます。
 カバーをつけることで鍵の番号が隠せて防犯対策にもなります。色はブラウン(柴犬)、イエロー(三毛猫)、グレー(サバトラ猫)の3種類。

(岡田しげひこ=理学療法士)
定価 1,080円(税込)
販売価格 1,080円(税込)
購入数

カラー


Top