2019年9月3日掲載「乾電池式LED簡易投光器」乾電池式LED投光器 CLP-300DB

 9月1日は防災の日でした。胆振東部地震から6日で1年ということもあり、4回連続で防災グッズを紹介してきた最終回は、発光ダイオード(LED)の乾電池式投光器の紹介です。
 懐中電灯よりも周囲をはっきり照らしてくれます。従来の蛍光灯やランプと違い、光源にLEDを使用しているため寿命も長いのが特徴です。また、省エネなので単1乾電池3本で55時間の連続点灯が可能です。
 光の強さは、強弱の2モードから選べます。強で白熱電球25ワット相当の明るさです。上下の首振りで、角度の調整が可能です。大きさは幅16センチ、奥行き10センチ、高さ22センチ。重さは電池抜きで400グラム。防水機能はありません。

(岡田しげひこ=理学療法士)
販売価格 1,854円(税込)
購入数


Top